« 2017年2月 | トップページ

2017年3月

2017年3月11日 (土)

あの日から6年

本日3月11日。
東日本大震災から6年経とうとしています。
あの日の事は当時のブログに綴っておりました(現在非公開で私しか閲覧する事ができませんが…)。
今見返してみると、かなり大変だった事が伺えます。
あの日以降、余震が続いた事や、あまりにもショックが大きすぎた事もあり、精神的にも肉体的にも憔悴し、しばらくの間、作曲に集中できなかったのを今でも覚えています。

1ヶ月後の4月、一篇の詩を書きました。それが「今、私にできること」です。
この曲に旋律を付け、まずは無伴奏混声4部合唱曲として作曲。
それから無伴奏女声3部版と男声4部版、そしてピアノ伴奏付きの同声2部版、独唱版と様々な編成で歌えるようにリアレンジしました。※後にピアノ付きの混声4部版、混声3部版、男声4部版も作りました。
現在、私の手から離れ、全国の皆様方に歌って頂ける曲となりました。大変ありがたいことです。

この出来事を風化させないためにも合唱組曲として残そうと思い、「今、私にできること」を終曲として新たに数篇の詩を書き下ろし、一人の子供の目線から描いた物語を描きました。一つひとつ音符に託し、念入りに推敲を重ねたのです。
そうして翌年2012年に出来上がったのが、混声合唱組曲「愛と祈りの世界へと」(全6楽章)。拙作の中では一番難易度の高い曲となりました。私もこの出来事を音像化するにあたり、かなり力を入れて作曲した記憶があります。

組曲から派生した曲に「春風の恋歌」という曲があります。2015年、この組曲初演のアンコールのために書き下ろした曲です。
あの日、粉雪が降る情景から始まり、やがて春を告げる風が舞います。3月から4月へ。これはどんなことがあろうとも、時は止まらず刻み続ける事を示唆しています。そしてまた最後に3月へ戻る。一年、また一年と季節を廻る曲です。ピアノ後奏に「今、私にできること」の旋律を織り込んでいます。何かしら皆様の心を動かす曲であってほしいと願うばかりです。

あれから6年。されど6年。
私は曲を書くことぐらいしかできないけれど、私の音楽で少しでも皆様の心が癒せたら幸いです。愛と祈りを託して…。

2017.03.11 SEIGI

2017年3月 3日 (金)

アレンジ作品のデモ音源を公開しました。

昨日に引き続き、本日もYouTubeを更新しましたhappy01
今から2年前の2015年に、合唱団イクトゥスの皆様が委嘱初演してくださったアレンジ作品のデモ音源を公開しました!
初演では私がピアノを弾かせていただきました。あれから2年経つんですね。しみじみsad
danger諸事情により初演音源ではなく、通常通りボカロでの参考音源となります。ご了承ください。


諸事情について説明させていただきます。
まず先方から頂いたDVDの音声のミキシングにそもそもの不備がありました。音量バランス的に左側が弱く、右側が強めだったんですね。これは基本的に私の編集でどうにかなりました。しかし問題はここからで、編集のためにDVDから動画データを抽出した際、各データの分割している箇所が「曲間」ではなく、まさに「演奏中の部分」でして、編集でうまく繋げてみたものの、どうしてもその部分にノイズが入ってしまうのでやむを得ず諦めましたcoldsweats01


「初演音源は公開されないのでしょうか?」というお声を以前より多くの方から頂戴しておりまして、編集でなんとか頑張ろうと思いましたが、私の能力では無理でした。どうかご勘弁をweep
初演自体はとても良かったのに、皆様にお届け出来ないのは心苦しい限りなのですが、ご理解頂けたら幸いです。今後、イクトゥスさん側のYouTubeチャンネルで、もしかしたら初演音源が公開されるかもしれません(お蔵入りでされないかもしれませんが・・・)。その際は改めて皆様にご案内させていただきたいと思いますwink


noteいつも何度でも(女声3部合唱)

note旅立ちの時~Asian Dream Song~(男声3部合唱)

note卒業写真(混声4部合唱)


PDFスコアは既に販売中です。詳しくは私の公式ウェブサイトへお越しくださいsign03
もし上記のデモ音源を聴いて、歌ってみたいと思われた合唱団の方は是非お買い求めくださいね。
それでは、またhappy01


SEIGI

2017年3月 2日 (木)

貴重な音源を公開しました!

皆様ご無沙汰をしております。SEIGIです。
YouTubeを更新しましたのでお知らせにきましたhappy01
過去に演奏されたSEIGI作品の音源を公開しました。「アイコトバ」ア・カペラ混声4版再演などの貴重な音源をお聴きいただけます。是非動画をご覧になってみてくださいhappy02

曲名をクリックするとYouTubeへリンクします。

noteアイコトバ ― ア・カペラ混声四部合唱のために ―
合唱団イクトゥスの皆様による演奏。こちらは初演から2ヶ月後に再演された時の音源です。指揮は髙橋英男先生。作曲者立ち会いのもと、演奏されました。ちなみに再演では、高校時代の恩師がテナーで歌っており、とても感慨深かったですcrying

note今、私にできること(無伴奏女声3部合唱)
noteアイコトバ ― ア・カペラ女声三部合唱のために ―
佐倉合唱フェスティバル(佐倉市民音楽ホール)での演奏。指揮は諸岡智子先生。アンサンブル・ソティエの皆様は「アイコトバ」ア・カペラ女声版の委嘱団体でもあります。作曲者立ち会いのもと、演奏されました。今年5月に催される演奏会(京葉銀行文化プラザ 音楽ホール)でも「アイコトバ」を歌ってくださる予定ですlovely

明日は、2年前に合唱団イクトゥスの皆様より委嘱でアレンジさせていただいた3曲(女声合唱「いつも何度でも」、男声合唱「旅立ちの時」、混声合唱「卒業写真」)を公開予定です。お楽しみにhappy02
※諸事情により初演音源ではなく、通常通りボカロでの参考音源となります。ご了承くださいshock

SEIGI

« 2017年2月 | トップページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter

無料ブログはココログ